宮崎の学生を応援するサイトCHOICE!

宮崎の学生を応援するサイトCHOICE!

  • f

2017.07.31平成29年度宮崎県インターンシップ事前研修会を開催しました

平成29年7月22日(土)ニューウェルシティ宮崎において、インターンシップ事前研修会を開催し、今年度に県内の企業・自治体等でインターンシップを行う県内・県外の大学生や専門学校生等143名が参加しました。

第1部では、専門の講師からインターンシップを行う意義を講義形式で学んだほか、事前に決められたグルーブに分かれ、インターンシップに対する心構えを共有するワークショップや社会人になる上で身に付けなければならないマナーについて、学生同士がコミュニケーションを取りながら学びました。

第2部では、宮崎県人事委員会事務局の担当者から、宮崎県の業務や福利厚生に関する紹介が行われました。

 

はじめに

主催である宮崎県の産業政策課 重黒木 清 課長から、若者の県内での定着・確保を図ることを目的として、県内の高等教育機関等と連携して取り組んで来たインターンシップについて、県内企業や行政における業務内容を知るとともに、職業観を身につける良い機会となるので、この事前研修会でインターンシップに臨む心構え等をしっかり学び、充実したインターンシップを行うことで、その後に続く学生生活や社会人生活に繋げてほしい旨の挨拶が行われました。

 

第1部 講義・ワークショップ・マナー研修

講師:ヤングJOBサポートみやざき 三桝 瞳 氏 、金谷 良子 氏

講義

これから就職活動を行う学生に対し、就職活動の流れやインターンシップに参加する上で必要なことを学びました。特に、インターンシップ参加の心構えとして「積極的に行動することを心がける」「PDCA※を意識する」「多くの人とコミュニケーションを取る」「ビジネスマナーを身につける」ことが大切であると講師から説明があり、参加した学生は頷きながら真剣に話を聞いていました。

※PDCAとは、『目標を立て(PLAN)、実行し(DO)、チェック(CHECK)し、次にもっと何が工夫できるかを考えて行動(ACTION)する。』の頭文字を取ったもので、これを繰り返すことで業務を継続的に改善し、より効率的な業務を行うことができます。

 

ワークショップ

講義内容を踏まえ、今年度インターンシップを行う際の目標を学生自身で考えグループ内での共有を行いました。講師から、グループ内の他の学生の考えもよく聞いて自分の目標の参考にするよう話があり、学生同士で積極的にコミュニケーションを取り合いながら意見交換を行っていました。

 

マナー研修

最後にビジネスマナーを身につけるための研修として、社会人の基礎となる言葉遣いやお辞儀の方法、身だしなみのチェックなどを講師から説明を受けた上で、実際の就職活動での面接や社会人になってからの取引先への挨拶等を意識した自己紹介の練習を行い、学生同士で互いに良い点や気になる点を言い合いながら、積極的に学んでいました。

 

第2部 県庁の業務紹介等

講師:宮崎県人事委員会事務局 橋本 幸太朗 氏 、一井 裕子 氏

県庁の業務紹介

宮崎県人事委員会事務局の担当者から、県庁の主な業務として、各種施策の企画立案・実施等を行う「一般行政・一般事務」や電気・機械・農業等の専門技術を活かして働く「技術系職員」、県民の安全で安心な暮らしを支える「警察官・警察事務」の紹介があり、行政で働くことの魅力や、世間一般的な行政の『前例を踏襲して仕事を淡々とこなす』『定時退庁』といった印象とは違い、多くの職員が使命感に燃え、住民のために一生懸命に働くことを考えているなどの話があり、充実した福利厚生の話なども含め、参加した学生は真剣に耳を傾けていました。

 

おわりに

高等教育コンソーシアム宮崎 入口と出口充実事業実施委員会 高橋 利行 氏(宮崎大学教員)から、これからインターンシップに臨む学生に対して励ましの挨拶があり、インターンシップ事前研修会は終了しました。